人気ブログランキング |
Happy day ♪

毎日が Happy day であるように

コレ飲んでいます。

f0324510_06442498.jpg




職場で頂く余剰分のほうれん草

惜しげもなくふんだんに!

でも、これはちょっと多かった!




f0324510_06443657.jpg


ほうれん草をザクッと切って

さっと茹でる

水気を切って

ブレンダーでペースト状に

スタバの瓶に分けて入れ

グリコアーモンド効果(砂糖不使用)を加えて

シャッフル‼







f0324510_06441172.jpg

後日作った分で撮り直しました(笑)





日本では売っていないスタバの瓶バージョン

これがちょうどいいんです♪


私が一人飲んでいたときは

娘のグアム土産の3本で作ってたけど

次男も飲むようになって

急遽4本をメルカリにて注文

毎日欠かさず飲んでま~す










今日はトロントに住むお友達のお誕生日


フォトブログで

アビィちゃんやカナダの雰囲気を

楽しませてもらっています ❤


食事・運動・健康に気をつけながら

楽しい毎日を!


Happy birthday to you ♪



あ、そうだ
二年前の私の誕生日から
Fitbit
私も愛用しているよ~

Fitbit Charge2 (*´∀`) だよ











# by sakura8sakura | 2019-06-18 13:08 | 日常
2019年5月の読書

5月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:2677


世界のVIPが指名する 執事の手帳・ノート術世界のVIPが指名する 執事の手帳・ノート術
読了日:05月01日 著者:新井 直之
Noteに書き留める。将来のために自分のものにしておきたい知識。自分を成長させてくれそうなものの見方、考え方
心に響いた誰かの言葉や本の一節。ノートに映し出される心情や事柄。文字に書くことで意識に刷り込まれる→自然とその方向に向かう選択を積み重ねるようになる。




脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術
読了日:05月10日 著者:樺沢 紫苑
自己向上・楽しむために時間を使う 人生を謳歌しよう! 「楽しく・自分らしく生きる。そんな人生がある!」という人間らしい「本物の生活」。自由な時間を確保し、自分のやりたいことをやって「自分らしく」生きよう!! ライフ(人生)を楽しむ、と、ワーク(仕事)で成果を出すことは両立できる。集中力の高い時間(15分)・小学生でも集中して取り組める時間(45分)・大人がなんとか集中できる限界の時間(90分)。集中したあとは必ず10~15分の休憩を挟む。朝起きたときの脳は整理されたきれいな机の上のような状態・脳のゴールデンタイム


読んだら忘れない読書術読んだら忘れない読書術
読了日:05月12日 著者:樺沢紫苑
「記憶」に残っていないということは「知識」としてあなたの中に定着していない。圧倒的なインプットがあってこそ圧倒的なアウトプット(行動)ができる。忘れないために自分自身で咀嚼して定着させる。インプットとアウトプットを繰り返すサイクルで自己向上し思考力もつく判断力もアップ文章を書くスピードも上がる。本を読み「気づき」「疑問点」「ああそうか!」自分にとって新しい発見が学び。本をたくさん読めば読むほど自分にとって「良い本」「役に立つ本」についてのデータベースが充実していくから直感で正しく判断できる確率が高まっていく。【あなたが「読みたい」と思ったということは、あなたの直感力が働いた証拠、潜在意識が「読め!」と思った瞬間にすぐ買って読んだ本こそ最も内容が吸収でき、自己成長の糧にできるのです】


ムダにならない勉強法ムダにならない勉強法
読了日:05月12日 著者:樺沢紫苑
勉強の目的は新しい知識・経験・気づきの獲得し「行動」と「習慣」を変え「現実」を変えること。「人は生まれながらにして知ることを欲している」アリストテレス『形而上学』好奇心は人間に備わっている根源的な欲求。好き・面白い・楽しいと感じることでドーパミンが出る(脳が喜ぶ)。「共感できる人」「自分との共通点を持っている人」「リスペクトできる人」「そうなりたい人」など影響されるもの(インフルエンス)をみつける、真似てみる。アウトプットを活用して自分の「無知」の部分を意識し、そこを強化していく。「目的」「目標」を詳細に決めれば効果は最短で表れる。



「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義
読了日:05月20日 著者:シェリー・ケーガン
「身体説(機能不能状態)と人格説(脳死状態)のどの位置で「死」とするかを論理的思考力を使って非常に合理的な見地から考察し、宗教的な権威に訴えず自分の論理的思考力のみで考察を試みた。そのシェリー先生の哲学的回答は「身体が作動しそれから壊れる。死とはただそれだけでのことなのだ。」俗に「死」とは悪いものと感じる意識はどのようなことで起きているのか?本当に「死」というものは悪いことなのか考察していく。死=非存在という見地では残された人に影響を与えるが非存在の自分がどう感じられるのだろうか?とすれば「死」は当人にとって悪いものという見解は正しいのだろうか?では、不死はよいものだろうか?生きていれば享受できたであろうことを失うからよくないのか?では、最善の「生」とはどのようなものなのか?などシェリー先生の問いに(講義を受けている感覚で)私自身も自分に問い考える時間をもてたことはこれからを生きるうえでひとつの指標を得られた。


本からはじまる物語本からはじまる物語
読了日:05月22日 著者:恩田 陸,今江 祥智,朱川 湊人,三崎 亜記,有栖川 有栖,二階堂 黎人,阿刀田 高,本多 孝好,内海 隆一郎,梨本 香歩,篠田 節子,市川 拓司,石田 衣良,山崎 洋子,大道 珠貴,いしい しんじ,山本 一力,柴崎 友香
「本」「本棚」などをキーワードに18人の作家が物語る。それぞれの世界観の違いがわかる。ほのぼのとしたストーリーは読みやすく本に親しむきっかけにいい。だが私が本に求めるものを表現し圧倒的に心を揺さぶられたのはやはり梨木香歩さんだった。この壊れやすい体が示すものとは何なんだ?。屈折率という言葉は他者の解釈。ぶつかり壊れることを防ぐための緩衝材。本棚の並びや変化を神経細胞に連想するくだりはなんとも言えず梨木さんらしく(私的感覚です)それぞれの「らしさ」一つの個性がその棚に入る本を呼ぶ。本へ求めるものは思考力や人間としての成長。ラストの文章がピカイチ【自分自身の境ももう見えなくなる。新しい生に向かうのか死にゆくのか、この状態から別の状態へと「醒める」だけなのか。外側と内側の存在全てをかけた濃密さで何かへの移動の準備が整っていく】✿本との出会いが楽しくなる『飛び出す絵本』恩田陸。本は羽ばたくんだ!本屋のおばあちゃんのような存在になりたいと思った『本屋の魔法使い』阿刀田高。メッセージも力強く励まされ想像力を掻き立てられるお話『バックヤード』篠田節子。気になる作家さんが増えた。


母の友 2019年5月号 特集「子育てで大事? 愛着・アタッチメントってなに?」母の友 2019年5月号 特集「子育てで大事? 愛着・アタッチメントってなに?」
読了日:05月23日 著者:遠藤利彦,柴田愛子,こやまこいこ,環ROY,死語くん,文月悠光,小林エリカ,石山さやか,筒井頼子,山村浩二,いまきみち,西加奈子,梨木 香歩,伊藤 葉子,岡 いくよ,関根 美有,東 直子,内沼晋太郎,内澤 旬子,保坂 篤人,大野 更紗,堀川真,畑中章宏,安永哲郎,金原 由佳,瀧波ユカリ
付箋がたくさんついた特集の「アタッチメント」この言葉と意味。怖いとき、不安なとき、困ったときに、特定の信頼できるだれかに助けてもらうことで、ああ、もう大丈夫、と安心感に浸る体験」人間の赤ちゃんが生きていくために絶対的に必要なことは周囲の助け。ある特定な大人との「くっつき」の関係から自尊感情が芽生える。そして、その自尊感情が根底にあることが後に成長したときの心の安定や良好な対人関係に影響を与える。そのとき一番頼れる人にくっつきながら自分の崩れた感情を立て直し成長していく力を持っている。「感情の映し出し」もやもやとして釈然としない自分の体や心の状態に言葉という「形」を与えてもらうことで子どもは自分の感情というものに整理をつけていくことができる。「心」というものを理解していく。同時に表情や言葉を用いて「共感する」ということも身につけていく。孫にとっていいアタッチメントになろう!と思った。熟読したいお話がいっぱい今号は超保存版に♪


人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか (認知科学選書)人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか (認知科学選書)
読了日:05月29日 著者:トーマス ギロビッチ
「問題はわれわれが無知であることではなく、間違った知識を持っているということなのである」。サンプル1の認知が全てであるという誤認、自分の体験に似通った傾向のものを信じやすいというバイアスがあるということを知っておこう。「人々が判断の道具を持つことを学ばずに、希望を追うことだけを学んだとき、政治的な操作の種が蒔かれたことになる」(S・Jグールド)。瞬間的に正しいと感じるとれる素晴らしい脳の認知(推論)があるが共に期待や先入観から誤作動することがあることも知っておこう。防衛機制としての照射からみんなもそう賛成してくれていると信じてしまうことなど総意誤認効果・認知バイアスがある。などなど誤信が生じるメカニズムを明らかにしながら危うく陥りそうな誤信を防ぐ心の習慣を身につけていこう。「人々の意見の相違は「対象の判断」からではなく「判断の対象」そのものの違いから生ずるのである」(社会心理学者ソロモン・アッシュ)。いつどのように疑問は発するべきかの知識、物事の本当を知るためにはどうするべきかについての知識を得て教養ある人間(社会学者など)に世界の見つめ方や彼らが築いてきた心の習慣(課程)から学ぼう!



僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意
読了日:05月29日 著者:池上 彰,佐藤 優
ネット情報は自分の検索傾向からの情報が多くなり偏りか生じてくるので情報は推敲されている新聞と本から。歴史を学ぶ重要性、基礎知識は必要不可欠。毎日ではないが家事の間Audiobookで本書を聞き流している。できること一つから絶賛実践中!



世界を変えた10冊の本世界を変えた10冊の本
読了日:05月30日 著者:池上 彰
一冊の本の存在が世界を動かし世界史を作りあげたことがたびたびある。読んだ人がないように感動・感化されたり、危機感を抱いたり、そして、何らかの行動に出る。それによって人々が動きときには政府を動かし新しい歴史が築かれていく。
『アンネの日記』『聖書』『コーラン』『プロテスタンティズムと倫理と資本主義の精神』『資本論』『イスラーム原理主義の「道しるべ」』『沈黙の春』『種の起源』『雇用・利子及び貨幣の一般理論「乗数理論」』『資本主義と自由』
✿世界は広くて深い、まだまだ知らないことだらけ…… 学べ自分!







f0324510_00550282.jpg




これまで、一冊の本を読んでその都度感想を書くというスタイルだったが
今回は一ヶ月まとめて感想を書いてみた。
とはいえノートには読みながら書き綴っていたのではあるが。

一月分読んだ順にノートを見返しながら
自分の中に残っているものを再確認することができた。
面白いものである、自分で気がついていた以上に思考の流れを読み取ることができた。
そして、学んだことを実践しようとしている姿も見えてちょっぴり自分を褒めてあげたよ!(笑)

全ては自分のため、愛する者たちへの良き縁となれることを至上の喜びに♪


この表情がたくさん見れるように!
f0324510_00551369.jpg



ご訪問ありがとうございました ☆彡






# by sakura8sakura | 2019-06-10 01:02 | 読書メーター
今年のゴールデンウィーク♪



f0324510_00272920.jpg






長いお休みだった今年のGW

私のGWは3日でしたが(笑)

4/27~5/4 長男が帰省



祖父の葬儀と妹の結婚式に

帰ってきたくらいで

いつもは私が行くってパターン



今回はゆっくりと過ごせたから

動きの遅い私のPCをチェックしてくれたり

お買い物やランチを楽しんだり

甥っ子と初対面したり





ひとり暮らしの生活

母がしてくれることに

ありがたさを感じてるって

ヤバッ涙出るとこだった











次男は

かつてない連休で

お友達や従兄弟と遊びで

ハードスケジュール




いいんじゃないかな🎵

と、母は嬉しく思う





空港への送迎を

次男にお願いしてたけど

送りは無理みたい

ということで

急きょ帰りは私が(^^;

心配してたほどじゃなかった

これならいつでもOKよ!








f0324510_00263689.jpg







何年ぶりだろ・・・

まだ君たちが小さかったときだったから




あのとき

コックピットから手を振ってくれた機長さん

ついこの間のことのように思い出す





大きくなったなぁ… (笑)




いつかお嫁さん連れてきてね(*^^*)












# by sakura8sakura | 2019-05-16 01:16 | 日常
2019年4月の読書

4月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1206


読書の技法読書の技法
読了日:04月06日 著者:佐藤 優






IKIGAI: 日本人だけの長く幸せな人生を送る秘訣IKIGAI: 日本人だけの長く幸せな人生を送る秘訣
読了日:04月07日 著者:茂木 健一郎





1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣 (フェニックスシリーズ)1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣 (フェニックスシリーズ)
読了日:04月14日 著者:ケビン・クルーズ





5歳までにやっておきたい 本当にかしこい脳の育て方5歳までにやっておきたい 本当にかしこい脳の育て方
読了日:04月16日 著者:茂木 健一郎






子育ては心理学でラクになる子育ては心理学でラクになる
読了日:04月18日 著者:DaiGo






ピヨピヨ だあれ? (NEWぴよちゃんとあそぼ!)ピヨピヨ だあれ? (NEWぴよちゃんとあそぼ!)感想
これまで本に全く興味を示したことがなかった孫に、ページを捲りながら読み聞かせが初めてできた本。顔を隠す「いないいないばぁ遊び」が悲しかった彼。表紙の小窓から私の顔を見せたことで興味を持ったようです。以前から「トントントン」など繰り返す音が大好きな彼は「ピヨピヨ」「ニャーニャー」「ワンワン」のフレーズにテンションUP!最後のページは鏡、映った自分の顔に満面の笑顔(鏡、動画など自分が写っているものは大好き)大好きな本が増えるといいね(v´∀`*) ♪ grandchild 7ヶ月と7日目



読了日:04月21日 著者:いりやま さとし
母の友 2019年4月号 特集「子どもとごはん」母の友 2019年4月号 特集「子どもとごはん」
読了日:04月27日 著者:林明子,筒井頼子,加古里子,太田百合子,久住昌之,外山紀子,真木文絵,石倉ヒロユキ,西加奈子,梨木 香歩,伊藤 葉子,岡 いくよ,関根 美有,東 直子,小倉ヒラク,内澤 旬子,保坂 篤人,大野 更紗,堀川真,畑中章宏,浅生ハルミン,金原 由佳,新宮良平







4月の読書は、見事にBoy中心の生活が表われているね(笑´∀`)
本の感想やレビューを書く余裕もなくこんなまとめになったけど、まあ、それはそれでいいんじゃない!そう思える自分の許容量が増えた証でもあるかな、と・・・(v´∀`*)


f0324510_20191300.jpg



Boyの動きも内面の成長もめざましく、昨日までできなかったことが今出来るようになった!って驚きと歓喜♪
「いまここ」が、これほどまで大切なことなんだと実感です!
以前にも増して頻繁に訪れてくれるようになったため読書の時間もナカナカ取れないけど、楽しい時間を共有しています。


先月の読書メータのまとめを書いている頃のBoyは、左の肘だけを使って体を前進させる「ずり這い」を始めた頃だったけど、5月に入ってすぐから両肘を交互に進めて前進する「ずり這い」になった。
さて、ハイハイの完成形となるのはいつだろう・・・パパとママはBoyがハイハイレースに参加出来る日を指折り数えています(´艸`)♡ 


f0324510_20195097.jpg



ネンネの時期から幼児へと成長
嬉しくもあり、チョッピリさみしい気もした
初節句の日



f0324510_20262335.jpg




何気に月一ペースになってるブログ


それでも、訪れてくださる皆さん
どうもありがとうございます!

(*˘︶˘*)







# by sakura8sakura | 2019-05-07 20:32 | 読書メーター
2019年3月の読書
3月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:822


海とジイ海とジイ感想
挫折や心の傷を癒やし生きることを示した祖父と孫また曾祖父と孫の関わりを描いた物語『海神』『波光』は、自分がその立場にあったら・・・との想いを重ねて読んだ。自分の体験を語る二人のジイ、やはりそうなのだとジイの心が響いた。肉体と魂を分けて埋葬する両墓制という珍しい風習がある事を知った。肉体は滅びても魂は残った人の心の中で永遠に生き続ける、それが互いを救うそんな関係を築きたいものだと改めて思った。不器用な生き方しかできないジイの心の葛藤を描いた『夕凪』は月島先生の呟くような言葉に胸がキュッと痛かった。
読了日:03月06日 著者:藤岡 陽子


みち (至光社国際版絵本)みち (至光社国際版絵本)感想
『みち』と題した絵本。これらの道は人生であり、それに重ねた自然の美。堀さんの目には今そこに在るものだけでなくその前の時間をも感じ見ている。移りゆく自然の流れを受入れ共に生きていく、そんな境地に至りたいと思う絵と言葉でした。それぞれの風景を自己の内に感じたときこの本を開き自己と向きあいたいと思います。二月に百歳で天寿を全うされた堀さんのを偲んで・・・
読了日:03月07日 著者:堀 文子




母の友 2019年3月号 特集「スマホとどうつきあう?」母の友 2019年3月号 特集「スマホとどうつきあう?」感想
今号の梨木香歩さんの『草木鳥鳥文様』は「ツミ」と「マテバシイ」初めて知った鳥さんでした。小さくても猛禽類眼光は鋭く特有の脚はやはりそれで・・・一瞬でハトと違うと反応する梨木さんのレーダーは鋭い。捕食の様子は残酷と感じるかもしれないが生きるという厳しさを示しみせてくれる。マテバシイの食し方もしっかりと。梨木さんの素を感じられるこのエッセイはやはり楽しみである♪/連載『生存ちゅう!』は人にできること。AIの苦手なことは「人の話を聞くこと」人間にしかできないこと、話す言葉の奥にある心に気づく感じることを大切に。
読了日:03月07日 著者:内海裕美,石川結貴,樋口進,堀内孝,ななもりさちこ,山内彩子,古谷田奈月,梨木 香歩,伊藤 葉子,岡 いくよ,関根 美有,東 直子,小倉ヒラク,内澤 旬子,保坂 篤人,大野 更紗,猪谷 千香,岡田 慎一郎,堀川真,柗村裕子,金原 由佳,鶴岡慧子


ミシェル 城館の人 第一部 争乱の時代 (集英社文庫)ミシェル 城館の人 第一部 争乱の時代 (集英社文庫)感想
『エセー』の著者モンテーニュがどういう時代に生まれどういう環境に育ち、どう見てどう生きてきたのか。「ミシェルさん」と親しみを込めて呼ぶ堀田氏が語ってくれる。《一時期のイタリアに自由な人間の無限の可能性を謳歌する、かかる雰囲気、あるいは時代精神としての光源があったことだけはたしかである。さればこそ、この歴史的時期はルネサンスと呼ばれるのであって、その他ではない》エラスムスやトマス・モアの思想。ピコ・デラ・ミランドラが示す精神の動きの表現。現代ではそのとおり!と思えるものだが当時では異端とされたものである。争乱の時代に生まれたひとりの人間が総てにおいて急激な転換の時代に生き何を見何を感じ何を想ったか・・・。父ピエールの経験や思想や教育方針も大きく影響していただろう。宗教や政治、こもごもと絡みある人間模様をため息をつきながらこの本を読んだのも私の事実、そして、古代ローマ、ギリシャ思想も学びたいと思った。【事物、あるいは観察と、それを言葉に結びつけるためには、思考が必要であった。それも努力しての思考が必要であった。四、五歳にしてすでに積極的な思考が日常に必要であるとすれば、外見としてぼんやりでのろくさくも、鈍重とも見える少年になって行くのは当然である。精神は事物との距離において運動をを続けていく。ミシェルはあるとき、城館に飼っていた猫と遊んでいた。〈じゃれる猫を相手に暇つぶしをしているつもりであった。しかし、と彼は考える。猫の方が、私を相手に遊んでいるのではないだろうか〉このように、相対的に、ある距離のある事物の方へ、自分から出向いていって観察をし、再び自分の戻ってくるという往復運動をするということは、健全な懐疑というものの常道なのだ。】✿これはミシェルにみる堀田さんが自分と重なる視点と親しみを込めたエピソードの記述だとおもう。
読了日:03月24日 著者:堀田 善衞



f0324510_08515514.jpg
2019.4.5 撮影



今年の桜
咲くのが思いがけず遅く
あっという間に
花びらがひらりひらりと舞う
昨日・・・

たった一日
ほんの数十分
いつもの桜の公園へ行けたこと
ラッキーだったんだなぁと
思いながらPCに向っています。



f0324510_09162757.jpg
ずり這いが出来るようになりました♪


f0324510_09162242.jpg
腕の力がもう少しついてくると
ハイハイができるようになるね!


f0324510_09161578.jpg
自我が強くなってきました (´艸`)♡

利かん坊
甘えん坊
泣きン坊

ママ大好きっ子です

その笑顔にすべて許されています♪




ご訪問くださりありがとうございます
(*˘︶˘*).:*♡







# by sakura8sakura | 2019-04-10 09:24 | 読書メーター
  

  ☆ さくら 備忘碌 ☆  ゆっくりと、マイペースで更新です。
by さくら
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
Happy day ♪
at 2019-06-18 13:08
2019年5月の読書
at 2019-06-10 01:02
今年のゴールデンウィーク♪
at 2019-05-16 01:16
2019年4月の読書
at 2019-05-07 20:32
2019年3月の読書
at 2019-04-10 09:24
東山魁夷せとうち美術館 第4..
at 2019-03-31 14:32
2019年2月の読書
at 2019-03-03 10:22
2019年1月の読書
at 2019-02-01 16:57
『ベンジャミン・バトン』を観..
at 2019-01-20 00:20
今年初の読書『馬車よ、ゆっく..
at 2019-01-12 14:45
2018年12月の読書
at 2019-01-01 11:36
クリスマスの日に
at 2018-12-25 00:37
東山魁夷せとうち美術館 第三..
at 2018-12-06 21:10
2019年11月の読書
at 2018-12-01 16:45
『波うちぎわのシアン』を読ん..
at 2018-11-09 16:12
2018年10月の読書
at 2018-11-04 16:10
2018年9月の読書
at 2018-10-01 02:03
東山せとうち美術館 第二期テ..
at 2018-09-12 21:40
2018年8月の読書
at 2018-09-04 15:40
懐かしぃ ♪
at 2018-08-22 19:50
タグ
(114)
(47)
(44)
(41)
(24)
(23)
(20)
(17)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)