2017年4月の読書
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:812頁

スローライフでいこう―ゆったり暮らす8つの方法 (ハヤカワ文庫NF)スローライフでいこう―ゆったり暮らす8つの方法 (ハヤカワ文庫NF)感想早起きすること。朝の30分内省する時間をもつことを続けていこう。「急かされている」と感じたら自分の心のどこかに無理が生じていると認識していた。「一点集中」も心を自分自身でコントロールすることなんだ!「忙しいだけでは十分ではない。問題は、何に忙しくしているかだ」ソロー。「最大の危険は、識別力の欠如である」インドのことわざ。コントロールを失ったエネルギーの特徴は「急ぐこと」「心配すること」心が暴走スピード違反しているなと感じたら思考をスローダウンする。自然と身につくまでは訓練なんですね。
読了日:04月07日 著者:エクナット イーシュワラン


直感力 (PHP新書)直感力 (PHP新書)感想羽生善治氏の取捨選択の方法、基準、見識を知ることができた。基礎を重ねる努力をもって培った経験則から導かれる直感力(無駄な迷い、思い、考えの無い状態で浮かび上がっているのだから、次に何をするか、何を望んでいるかが如実にあらわれる。)それを信じることで直感は有効となる。✿私が自分に言い聞かせている言葉と同じ意味だなと嬉しく思う。直感力を働かせるため、あえて「考えない」時間(頭の中に空白状態をつくる)を意識的につくる。集中力を高めることも同じ。囚われない心が大切。ex)勝敗、固定観念 自分の個性(オリジナリティ)をつくることが大切。成功も失敗も環境や人との関わりも自分の個性を育てる縁となっているのだと価値を見出していくことで成長(力がつく)できる。☆彡そして、自分の意識や意図とは離れたところであらわれるその個性こそが、総合的な自分の「力」なのではないだろうかという。✿感じることを磨くことで観ずることができる、五感で感じることがいかに大切かということを再確認できた。
読了日:04月09日 著者:羽生 善治


植物一日一題植物一日一題感想一つの物事を徹底して研究する学者・研究者に尊敬を深くする近頃「アジサイは紫陽花ではない」植物学上から考察して帰納していくことで日本の花であると証明したアジサイ。牧野先生が初めて発見したのは自分だったと楽しそうな様子だったり同じ学者に対して賞賛を言葉にしたり、間違って伝えられてきて未だに正しいことが世間に弘まっていないことに憤りを表わし(毒舌も吐き)ながら一つ一つ文献を引いたり説明を加えながら訂正。植物に対する真剣さ感動しました。子どもの心のまま植物学者になったようなそんな姿に愛おしさも感じました。だが✿今年の春も堪能した桜。これも「サクラ」(Japanese Flowering Cherry)とせねばならない。。。
読了日:04月16日 著者:牧野 富太郎





今月読んで感想を書いたのは3冊でした。
4月10日から仕事(パート)に行くようになり生活のペースが様変わりし、読みたい本はたくさんあるし読みたい!という気持ちもあるのだけど読書する時間と体力が激減!
3週間、勤務日数15日、実質労働時間86時間40分。
あっという間に4月が終わってしまいました(笑)

これまでの私であれば、きっとアタフタと時間だけでなく精神的にも汗くりまくっていたことでしょう(笑)
でも、今の私は充実していると感じているのです。

自分にとって何が必要なのかをしっかりと見定め(取捨選択)優先順位を明確にして、その時々の今を「一点集中」する。
イーシュワラン著『スローライフでいこう』は、絶妙なタイミングでの読書に成りました!
仕事をしているときも、この「一点集中」と「スローを意識」することがいかに大切かを実体験させてもらっています。
すべては諸行無常である。これをベストな状態で進むためには「今、ここ」に集中することなんだと実感しています。

そこでもう一つ大事なこと。
これまた、絶妙なタイミングで手に取ったこととなった、羽生善治著『直感力』
これまでの様々な経験から、自分の中で大事だな!と感じてきていたことが言葉になって書かれていました。

正直、なんでこの本を開いたのかなんて自分の意思であったようにも思えないほどの偶然。
まして、『スローライフでいこう』を読んでから『直感力』を読んだということ、そして、前ぶれも無く仕事を始めることがトントンと進んでいったことに驚きと納得が同時の起こったこと(笑)
ここ数年、自分の中から湧き起こってきたことにしっかりと向き合い取り組みやってきたことが間違いでなかったこと確信できました。


こちこちと読み続けた牧野富太郎著『植物一日一題』
植物の研究に一生をかけてこられた、その断片を知ることができたように思います。そこには日本の植物を愛し正しく伝えると言うことに誠実であったのだと思います。
f0324510_09544005.jpg
自分の心に突き動かされその心を大切にし真剣に歩み続けた結果、牧野富太郎という植物学者となった。そんな風に感じました。

一生を何に捧げるのか。
それによって人生の価値も深さも決まる。
その人の真実は 人生の最終章に結晶されるものである。
ごまかしはきかない。
善も悪も正も邪も、人間の晩年は鏡のごとく
その人の生涯の軌跡を映し出す。

『女性に贈る100文字の幸福抄』池田大作

一般凡人である私が、子どもたちに何を残すことができるのか、と考えたとき、、、
広い視野で物事を見る(見聞を広げる)ことの大切さ。相対するものの捉え方は自分の意思によって変えていけること。誠実な言動を心がけること。
これらが私の生涯の軌跡に映し出すことができればいいなと思います。









✿✿✿

お気づきの点がございましたら 
sakura8sakura@excite.co.jp へ、よろしくお願いします。 
<(_ _ )>



*****


『日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)』にポイント届けます!
NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo(グッドゥ)
賛同・ご協力いただけましたら嬉しいです。
クリック

ご訪問くださりありがとうございます ♪







by sakura8sakura | 2017-05-02 11:08 | 読書メーター

  ☆ さくら 備忘碌 ☆  ゆっくりと、マイペースで更新です。
by さくら
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
2019年2月の読書
at 2019-03-03 10:22
2019年1月の読書
at 2019-02-01 16:57
『ベンジャミン・バトン』を観..
at 2019-01-20 00:20
今年初の読書『馬車よ、ゆっく..
at 2019-01-12 14:45
2018年12月の読書
at 2019-01-01 11:36
クリスマスの日に
at 2018-12-25 00:37
東山魁夷せとうち美術館 第三..
at 2018-12-06 21:10
2019年11月の読書
at 2018-12-01 16:45
『波うちぎわのシアン』を読ん..
at 2018-11-09 16:12
2018年10月の読書
at 2018-11-04 16:10
2018年9月の読書
at 2018-10-01 02:03
東山せとうち美術館 第二期テ..
at 2018-09-12 21:40
2018年8月の読書
at 2018-09-04 15:40
懐かしぃ ♪
at 2018-08-22 19:50
2018年7月の読書
at 2018-08-02 14:19
2018年6月の読書
at 2018-07-01 10:46
Jun & Mar
at 2018-06-18 17:20
東山魁夷せとうち美術館(20..
at 2018-06-17 14:37
『となりのトトロ』の原風景と萌芽
at 2018-06-09 22:42
北御門二郎 氏 から学ぶ
at 2018-06-06 11:46
タグ
(111)
(47)
(44)
(41)
(24)
(23)
(20)
(17)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)